面倒な交渉も弁護士が行ってくれる

交通事故で弁護士に相談する安心感

交通事故に合ったら、それが被害者側でも加害者側でも、つまり加害者でも、被害者でも弁護士に相談するのは意味があります。まず、事故に合ったら最初に連絡するのは自分が加入している「保険会社」になります。この保険会社が相談や交通事故の相手との交渉もしてくれるので弁護士は不要ではないかと思われる方も多いのですが、保険会社はこちらが被害者であっても、お金を支払う側です。
その点、弁護士というのは100%こちら側になります。よく聞く話で「こちら側に落ち度が全く無くても、10対0にはならない」という話を聞いたことがあるかと思います。「何か手はないか」そう思っても保険の事故対応窓口では一律の決まった対応しかしてくれません。弁護士であれば、100%自分の味方です。こちらが望む事になるべく沿うように考えてくれます。100%の味方であり、連絡先は弁護士個人です。保険会社の場合は専用の窓口になるか、その時に突然現れた「事故対応の担当者」になります。
重大な事故なら弁護士を付けるべきですが、軽い事故であっても、何か納得しない事や釈然としない事があるならば、その答えを出せるのは弁護士になります。「弁護士に依頼する」となると大掛かりな事に聞こえますが、どの弁護士でもまず相談からになります。この相談は事前に内容を伝え、料金も発生しますが、今後はどう対応すべきか、また弁護士に依頼すべきかどうかという事も含めて答えてくれます。交通事故を弁護士に相談するというのは、この「安心感」という側面も実は大きいメリットなのです。

交通事故のとき専門の弁護士の存在が有利になる

交通事故はいつ起きるかわかりません。自分では完璧なドライビングをしているつもりでも、健康状態などによっては、事故を起こしやすい状況になります。運転中に急に健康状態が変化したら、誰でも事故を起こす可能性があります。そんなときには、どうしたら良いのでしょうか。とりあえず保険会社に連絡をします。もちろん相手もいるので、お互いの保険会社が話し合いをして補償額を判断します。しかしこのとき交通事故専門の弁護士が交渉をするだけで、自分を有利な状態にすることができます。
もし相手方が弁護士を雇っていても互角にわたりあえます。ドライブレコーダーを活用すれば、事故の詳細な情報が手に入りますが、それを法的な交渉に利用できるのは専門の弁護士だけです。また、むち打ち症の治療が完了してから、脊椎損傷に気がついた場合はどのようにするか。自分で交渉をしても治療費や、リハビリ期間の補償を受けられないかもしれません。
後遺症というのはひどければ人生を左右しかねかいものです。相手方と慎重に交渉し、正当な費用を支払ってもらえなければ、生活の不自由さだけ残り、お金だけが出ていくことになります。法律の専門家にまかせるか否かは、自分や家族の今後にもかかわる大事なことなのです。

CATEGORY

WHAT'S NEW

2018年07月26日
弁護士に全て任せれば安心を更新。
2018年07月26日
交通事故の後処理はお早めにを更新。
2018年07月26日
面倒な交渉も弁護士が行ってくれるを更新。
2018年07月26日
交通事故でも弁護士を活用せば損をしないを更新。

CALENDAR

2019年5月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031